top of page

奇跡の冬の春日

奇跡のように真冬に訪れる春日がある。そんな日が稀に週末なんかにあたるとバイク乗りはそれを奇跡のハルビという。

たまたまそんな陽気がお休みの日にあたったら・・・・そりゃ~慌ててバイクです。

周りの風景はまだ冬のそんな神様のご褒美みたいな日に慌てて支度をするのは、私たちバイク乗りだけじゃなく、春を待ちきれない菜の花とかも一斉に咲き出して、旅先の道すがらにちょっと早い春の風景が広がっていたりしたら・・・・もうめっちゃくちゃ春を先取りしたような得をしたような気分で思わす遠くまで走ったりする。

でも・・・これってさ。 例年通りの寒さの厳しい冬があるからその有難みが感じれるいわば反面的な効果で。 今年みたいに暖冬と言われる中途半端な冬になれちゃってると ちょっと暖かい日があってもこんな気分になれないのだろうか? 小春日和が毎日だから逆に例年通りの寒さが急に来ただけで 「めっちゃくちゃ寒い!」 ってな具合で逆に寒さを感じる方に気持ちが傾く。 そこを持ってきて、アホなメディアが大騒ぎ! 「今季最強寒波の襲来です!北陸方面や関東北部に雪の予報です!」 ・・・・・(-_-) 暖冬の今季最強寒波!?水上で積雪6センチが記録されました!?・・・・(-_-) 暖冬の(今季)最強寒波・・・・水上(雪がたくさん降る地域)で積雪6センチで大騒ぎ なにをどう誘導したいのか?相も変わらずネガティブキャンペーンに全力です。


 

日本のバイク乗りの平均年齢は54歳だそうです。いつの間にか私も平均以上になっちゃいました・・・(;^_^A 若いころは、冬場も夏場もなく暇さえあればバイク・バイク・バイク・・・・バイクに乗っていればいつでもハッピーで楽しくて爽快。 もちろん今もバイクに乗って走り出せば気持ちは同じ!でも・・・・歳を重ねるとね、走り出すまでに乗り越えなくてはいけない弊害と壁が多くなる。 弊害その①・・・・服を着るまでひとつ。 寒いからと重ね着・・・着てるだけで疲れてくじけそうになる。 弊害その②・・・・バイクを車庫から出す 車庫から出す作業で寒くてめげる 弊害その③・・・・玄関先で迷う 意を決して玄関を出るが出た瞬間の寒さにめげそうになりためらう いずれにしても寒いというだけで出かけるまでの迷走が多くなるのだ。 それでもね・・我が名はバイク乗り。 一旦覚悟を決めて走り出してしまえばまだまだ楽しくて走ってる最中にもちろん出かけてきたことを後悔することはない!(日が暮れて帰り道になるまでは・・・)

でも、この時期にバイクに乗る機会が、否、バイクに乗ろうとする気構えが極端に減ったのは否定できない・・・(;^_^A でも、ちょっとだけ思うのは この時期って季節が変わっていくのを一番感じれる時期のように思う、 風が少し冷たくなくなってきたな~ 菜の花が咲いてるぞ! 梅の木に芽がついてきたぞ! そろそろ桜の季節? もう・・・・ 花粉が飛んでる・・・・(+_+) なんてね。 ほんの数年前まではさ、タイヤのグリップも下がるこの時期にこそ、じっくり乗り込んでじわっと丁寧に乗る基本に戻って忠実になんて走りこんでさ。。 路面温度が上がって気持ちよく走れる時期を首を長くして待つ! この季節はそんなオフシーズンのプロ野球の自主トレキャンプ時期のような気持ちでバイクしてたと振り返る・・・ いつの日からオフシーズンの自主トレが完全なる「オフシーズン(休養期間)」になったのだ!?? なんにつけ自ら老いを認めるような事したくないなぁと切実に思ったりするのだよ。


あっという間に季節は流れていく・・・気が付けば2024年ももう2月。 そろそろね・・・走り出さなきゃね!奇跡の冬の春日。中々、タイミング合わないけど、 一分後には変わる実況中継な天気予報だけで今日はどうしよう~~って判断すると。。。 「んっ????今日は北風で寒いんじゃないの!??」 なんて、燦燦と降り注ぐ日差しと雲一つない空を眺めて後悔したりすることも多々あり。


この時期しか見れない景色が房総半島は面白いくらいはっきりあるからね、久しぶりに下ってみようかな・・・。 なんにつけそろそろバイクしよう。私の場合は通勤ですけど・・・・(^^;

春はもう目の前。NO BIKE NO LIFE !

閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page